■ホームヘルパーの求人事情


ホームヘルパーの主な職場としては、介護老人保健施設、デイサービス、グループホームなどの民間の社会福祉施設、在宅介護サービスの提供事業者、などの他、福祉公社、福祉生協、社会福祉協議会、NPOなどがあります。ホームヘルパーの求人情報は、求人情報誌や求人サイトなどで、数多く見つけることが出来ます。介護老人保健施設、デイサービスの施設が特に多いようです。

ただ、ヘルパー2級の資格を持っていても、経験が無ければ、なかなか採用は難しいのが現状のようです。ヘルパー専門の派遣会社などに登録し、仕事を貰う方法もありますが、この場合も、経験が無ければ、登録してもあまり仕事がもらえない場合が多いようです。まずはパートなどで、未経験から初め、1、2年目は経験を積むのを優先し、着実にキャリアを積み上げるのが、安定した望みの仕事を探す近道でしょう。

経験を積み、ホームヘルパー1級やケアマネージャー、介護福祉士の資格があれば、比較的簡単に求人が見つかるものです。実際のところ、最近はヘルパー2級取得者も過剰気味で、一方で、勤務体系や給与面で条件に合わないことから、求める人材がなかなか得られない、というのが現状のようです。給与、勤務時間などの待遇がよくないために職員が定着せず、ひっきりなしに人を募集している事業者や施設も、結構多いようです。

面接に行き、質問もあまりせずに「明日からでもすぐ来てほしい」などと言う求人先は、少し注意が要ります。仕事の内容も、施設によって変わってきます。また、女性が多い職場だけに、人間関係でも問題が生じやすい、ともよく言われます。自分がやりたい介護の仕事の内容をよく考え、仕事先を選ぶべきでしょう。事前に見学をさせてもらうのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?