■ホームヘルパーを通信教育で取得するには


ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強し、レポートを提出する、という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき、講義時間だけは大幅に短縮されますので短期間での取得も可能です。ただ、通信教育なのでレポートの提出は多めにあるようです。ホームヘルパー2級の通信講座を開設しているところは、ネット上で検索しても多く見つける事ができます。

講座によっては、スクーリングを受けられるところもあります。スクーリングなどのカリキュラムは、普段聞くことができない疑問を解消できる機会にもなります。また、仲間ができたり、情報交換の場としても役に立ちます。通信講座を選ぶ際には、このような制度があるかどうかを確認してみると良いでしょう。

ただ、ホームヘルパー2級を通信教育で取得したい人は、通信教育での講義を受けるほか、実習や実技に関しては、講座により、実際に施設などで講習を受講する必要があります。ホームヘルパー2級の資格取得のためには、施設実習や、見学実習というものは必須なので、こちらについては、予定を組むことになります。

施設実習、見学実習は、時間も定められているので、予定や場所、時間などを確認し、実際に受けられるかどうか確認する必要があります。通常は、四日間の自習を受けることになります。このため、通信教育でも、身近で実習が受けられないのなら、受講は出来ないことになるので注意が要ります。これ以外にも、内容、予算の検討をして、良い講座を見つけることが大切です。ホームヘルパー2級の通信講座としては、ニチイ学館、ユーキャンなどが良く知られているようです。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?