■ホームヘルパーの仕事


ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。ホームヘルパーが介護する人は、寝たきりや認知症などの高齢者から肢体不自由者や重度の身体障害者(視覚・内部・言語・聴覚障害者)までさまざまな人を対象とします。具体的な仕事内容としては身体介護、家事援助が中心ですが、他に、身体介護の記録や病院、担当医・主治医との連絡、病院への通院の付き添い、デイサービス、リハビリなどの施設への付き添い、などがありますが、対象者によって行うことはかなり違ってきます。

ここでポイントなのは、お手伝いさんとは違う、と言うことです。例えば、ある人が寝たきりの生活で、排泄も困難な場合、普通なら、オムツをすればよい、と考えるかもしれません。しかし、ホームヘルパーは、ただオムツをあてがってあげるだけはいけないのです。ホームヘルパーは、こうした人に対し、トイレまで自分で行き、自分で排泄作業が出来るよう、手助けをしてあげます。これ以外、簡易トイレを設置してあげたり、排泄をしている間、カーテンで仕切ってあげるなどの工夫もしてあげます。

つまり、あくまでその人の生活を尊重し、自立した生活が出来るよう、プロの立場から、いろいろ手助け、提案をしてあげるのが役割なのです。このため、本人だけでなく、家族に介護の技術的な指導を行うことも大切な仕事となっています。悩み事の相談やアドバイスなど精神的なケアにも努めなければいけません。

また、生活の支援は、さまざまな専門職や機関によるサービスを組み合わせて行われます。そこで、ホームヘルパーは、単に自分に与えられた仕事を自分の判断で行うだけでなく、介護福祉士、ケアマネージャーなど他の職種の人たちとの連携、各種の制度についての基本的知識や連絡、調整能力も求められるようになります。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?