■ホームヘルパー資格を取得するには


一般的にホームヘルパーの資格は2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要があります。 講習は、介護サービスを行っている事業者や専門学校などの民間の受講機関によるものと、自治体や社会福祉法人、生協や農協などの公的機関が行っているものがあります。

公的機関による講習は、受講料が安く、教材などの実費負担のみ、という場合も多いのですが、講習時間が平日の昼のみだったり、受講者も抽選で決められるなど、誰でも受講できるものではありません。受講できるまで、かなりの期間待たなければいけないことも多いようです。民間の機関による講習は、受講料は差があり、安いところで5万円ぐらい、少し高くなると15万円くらいの費用がかかります。

民間の機関の講習は、夜間コースがあったり、土日も受講できたり、時間を自由に選べるなど、受講しやすいところが多いものです。仕事などで受講できる時間が限られる人は、民間の機関で受講する事になるでしょう。受講料は、ホームヘルパーの資格の場合、教育訓練給付の対象となるので、対象者の人は講座終了後受講料の20%がハローワークから給付されます。自分が対象になるかどうか確認しておくと良いでしょう。

講義では、介護に関する基本的な知識や介護方法以外、障害児や老人福祉の制度とサービスに関する講義、病気や障害、要介護者の家族への理解など、ホームヘルプサービスに関する様々な事柄を学びます。講習時間は講義が58時間、実技講習42時間、実習30時間で、合計130時間の講習となります。通常は3ヶ月ほどかけて修了しますが、仕事と掛け持ちの場合、半年ほどかける場合もあり、逆に、一ヶ月で修了できる短期コースもあります。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?