■男性ホームヘルパーの今後


不景気の影響や、新しい注目の職業でもあることから、 最近は男性でもホームヘルパーを目指す人が増えています。 ホームヘルパーといえば、こまやかな心遣いが必要なことから、 女性のほうが向いているように思われがちですが、男性も、 いろいろとメリットがあるものです。

まず男性の場合、利用者の移動の際の介助でも車の乗り降り などで、力のある男性はありがたく思われるものです。在宅で 働く場合、訪問入浴介護の運転手(オペレーター)もあります。 車を走らせ、浴槽を担ぐなどの現場の作業では、男性である という存在価値をかなり発揮できることになります。

一方で、在宅介護の場合、食事の準備や、洗濯などの日常生活 の介護がどうしても必要ですが、こうした業務では、やはり  男性が活躍できるか、という点で疑問が湧くでしょう。これは、 働く側の意識、心がけが第一で、その上で、いかに理解を求めるか、 ということになります。しかし、男が家事を行うのも不自然では ないと見られるのは、今後は時代の流れとなるかもしれませんし、 同性のホームヘルパーを求める人もいるかもしれません。今後は 男性も活躍することになるでしょう。

50歳を過ぎてから、新しいやりがいのある仕事を求めて、 ホームヘルパーを目指す男性も最近は結構多いようです。 こうした人たちの社会経験というものも、ホームヘルパーの 仕事に活かす機会があるかもしれません。男性ホームヘルパー が活躍する姿は今後様々なところで見られることになるでしょう。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?