■ホームヘルパーの雇用形態


介護保険制度の導入により、今後は、高齢社会に向けて 益々ホームヘルパーに対するニーズが高まっていくでしょう。 また、ホームヘルパー2級取得後は実務経験1年以上で ホームヘルパー1級、 3年以上で介護福祉士、5年以上で ケアマネージャーと、スキルアップを目指すことの出来る 専門職でもあります。まず、ホームヘルパー2級は取得して おくことでしょう。

ホームヘルパーの仕事の形態としては「巡回型」と「滞在型」の 二つの在宅介護が中心となります。「巡回型」は利用者の自宅を 訪問し、1軒あたり30分くらい、おむつ交換や安否確認などの 必要最低限のサービスを提供します。「滞在型」は1軒あたり 1〜3時間程滞在し、食事の支度や掃除など日常生活における 全般的なサービスを提供します。

雇用形態としては、正社員の雇用は少なく勤務し始める当初は、 ホームヘルパーの派遣事業所などに登録して仕事を紹介して もらう、登録制のヘルパーとして働く形が多いものです。 パート、アルバイトとして勤務するわけですが給与は年齢以外に 資格、経験によって幅があります。

経験を積み、資格レベルの向上、スキルアップが伴うことで、 正社員として雇用されることになり、この後は、ヘルパーの管理、 スケジュール調整、コーディネート業務を行う等、管理職に 近い形で勤務することになります。ホームヘルパーの募集自体は 最近増えていますが、雇用形態としてはパート・アルバイトが 殆どなのが実状でしょう。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?