■今後のホームヘルパーの位置づけ


「世帯の誰かが介護を必要とするようになった場合どうするか」 という厚生労働省の調査でも、介護経験の有る無しに関わらず、 全体の六割の人が「家族が中心となり、在宅サービスに補って もらいたい」との回答です。これで見ても、在宅サービスへの 期待と必要性を強く感じている人が多いのが分かります。

以前の公的介護サービスは最低限度の生活を送ることが出来れば よい、という前提で行政側が一方的にサービスを提供してきた ものでした。しかし介護保険制度の導入以降、利用者側にとっても、 自分が望む介護サービスを選べるようになりました。これに伴い、 自分の望む介護サービスを提供してもらいたい、という意識が 高まってきています。

少子化や核家族化に伴い、家族によるサポートを得ることは 難しくなってきています。そのためますます身の回りをサポート してくれるホームヘルパーに対するニーズも高まることになります。 ホームヘルパーは単に介護福祉を支える要員ではなく、その人が 充実した人生を送るための大切なパートナーなのです。

ホームヘルパーは、利用者の要望を聞くだけでなく、その人が どのような生活を送りたいのかをきちんと把握し、それを実現 するための手段として仕事を組み合わせていく必要があります。 これには、ヘルパー・コーディネータによる対応。ケアマネージャー によるケアプラン作成、そして利用者やその家族と話し合いなど、 様々な人たちとの連携も必要になってくるのです。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?