■ホームヘルパーの活躍するところ


高齢化社会の進展、核家族が増える中、一人暮らしをする お年よりも増えています。 介護保険制度の導入以降、在宅福祉 サービスの必要性がますます高まっています。その中核を担う ホームヘルパーの役割は今後も重要となるでしょう。

ホームヘルパーの主な就職先としては、
(1)福祉施設=老人保健施設や養護老人ホーム等の介護スタッフ
(2) 病院・医院:医療機関の院内ヘルパー
(3)在宅介護事業所
(4)登録ヘルパー
(5)ボランティア団体、などがあります。

またホームヘルパーとして3年間業務に従事すると介護福祉士 (国家資格)の受験資格が得られます。雇用形態は正規職員の 募集のほか非常勤やパートの登録型ヘルパーの形態も多いようです。

実際にホームヘルパーとしての業務に携わる以外ヘルパーの 派遣斡旋や、スケジュール管理を行うコーディネート業務の仕事 もありますが、これはホームヘルパーとして、ある程度の実務経験 を経ないと難しいようです。

ホームヘルパーの所属先は、大きく公的機関と民間団体の2つに 分かれますが、勤務形態は様々です。これからホームヘルパー として仕事することを考えるなら、自分にとって働きやすいエリア や時間帯、勤務形態、各団体の特性などをよく見極める事が大切 となります。勤務形態により、収入の安定性や拘束時間なども 大きく異なるため、それぞれの特徴を踏まえて自分に合った 働き方を見つけることです。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?