■ホームヘルパーの社会的位置づけ


ホームヘルパーは、かつては老人家庭奉仕員と呼ばれ、 昭和30年代から法制化されていました。昭和57年度の法改正 までは救貧対策のイメージが強かったようです。ホームヘルパー という言葉が法的に用いられるようになったのは、平成2年度 からのことで、まだ新しい職業の名称とも言えます。

高齢化社会の進展に伴いホームヘルプサービスはデイサービス、 ショートステイとともに、在宅福祉三本柱として脚光を浴びる ようになりました。2000年の介護保険スタートにより、 ホームヘルパーの職業も広く一般にも知られるようになり、 現在に至ります。ホームヘルパーが提供するサービスは 「自立支援」が目的であり、あくまで公的なサービスです。 サービスにかかる費用は自費負担分を除き、介護保険の中から まかなわれることになります。

ホームヘルパーと言うとお手伝いさんの一種であり契約関係 の中で、介護を提供するというイメージがありますがヘルパー には、高齢者に対し、自立に向けた援助を提供するという 社会的な責任もあるのです。このため、介護を受ける側からの 要求に何もかも応じるのではなく、ホームヘルパーの方から、 計画を立てある程度指示を行うという姿勢も必要となります。

ホームヘルパーには、地域社会の中でお客さんの生活を支えて いく義務があります。仕事である以上、しっかり責任を持って プロフェッショナルとして業務に当たる姿勢も持たなければ いけません。注目の仕事だからといって、安易に就職を考える べきではないでしょう。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?