■ホームヘルパー養成講座の内容


ホームヘルパーとして仕事するには、前もって、各都道府県が 行うホームヘルパー養成講座を受講した方が良いでしょう。 1級から3級までありますが、2級からの受講も可能なので、 入門コースである3級よりも、基本研修である2級の受講希望者 がほとんどです。また福祉の現場からも2級以上を求められる ことが多いようです。

1級は、2級修了者が対象で、主任ヘルパーの養成が目的です。 ホームヘルパー養成研修2級課程は、特に受講資格はなく、 都道府県・指定を受けた事業者が実施し、講義58時間、 演習42時間、実習30時間の計130時間のコースに なっています。費用は各実施機関によって異なります。

1級は、実務経験がないと取得できません。さらに、内容も 実務経験がある人を対象としているため、より高度な内容に なっています。実務経験が1年以上が原則ですが、各都道府県 によって、受講資格が定められています。

3級は、主に「生活援助」とよばれる分野を勉強すること になります。ホームヘルパーの仕事の基本、かつ大事な部分 を学びます。2級は、「生活援助」以外の介護の基礎的な 技能全般について勉強します。介護保険の制度上でも、 2級取得者は、すべての介護業務に従事することができます ので、福祉関連への就職を考える場合、必須の資格とも いえます。介護福祉の道への登竜門としても、ヘルパー2級 資格取得が大前提ともいえるでしょう。受講する人も多く、 人気の資格となっています。

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?