■高まるホームヘルパーの社会的役割


「ホームヘルパー解説NAVI」へお越し頂きありがとうございます。 当サイトではホームヘルパーの資格取得・仕事・通信教育・求人 など関連情報を配信していますので是非ご参考下さい!。

ホームヘルパーは、介護保険制度の導入以降、福祉の仕事の中でも、 最近最も浸透するようになってきた職業でしょう。高齢者・障害者 に接する介護の仕事としてのエキスパートであり自宅や福祉施設 で身体介護サービスや家事援助サービスを提供するのが仕事です。

着替え、食事、入浴、排泄などの身体介護、掃除、洗濯、買い物、 調理などの家事援助、などが主な業務ですが、これ以外、身体介護 の記録と保管、担当医・主治医・保健師との連絡、病院への通院介助、 デイサービス施設への付き添いなど、するべきことは多岐にわたり、 担当する人の状況、家庭事情により、比重も異なってきます。

介助を担当する人も、寝たきりや認知症などの高齢者から、肢体 不自由者や重度の身体障害者、視覚・聴覚・言語・内部障害者まで さまざまです。身の回りの介護や家事の他にも、悩み事の相談や アドバイスなど、精神的なケアにも努めなければなりません。 利用者の生活の質(QOL)を高め、いつまでも安心して暮らせる ように援助し、さらに要介護者と生活をともにする家族の介護負担 の軽減が一番の目的となります。

ホームヘルパーになるためには、特に資格は必要ありませんが、 厚生労働省が定めた基準による「ホームヘルパー養成研修」を 修了した方が、就職には有利となります。養成研修は、介護知識や 技術などのホームヘルプサービスの質の向上を図るために実施 されているもので、各都道府県で1級から3級の認定をしています。

当サイトは右側のメニューからホームヘルパーに関する様々な テーマを解説しています。是非各ページをご参考下さい☆

スポンサードリンク

■本サイト人気コンテンツ


★ 資格取得の基礎知識
一般的に、ホームヘルパーの資格は、2級課程を取得する人がほとんどです。ヘルパー2級を取得するには、講義や実技講習、実習などの講習を受ける必要がありますが実際の・・・・ 続きを読む

★ 具体的な仕事内容について
ホームヘルパーはどんな仕事かと言うと、ひとくちで言えば、介護を必要とする人が、自立した生活を送れるように手助けを行う事です。実際に介護する人は寝たきりや認知症の・・・ 続きを読む

★ 通信教育で資格取得するには
ホームヘルパー2級の資格は、通信教育でも取得可能です。この場合、送られてくるテキストで勉強しレポート提出という形が多いようです。自分の都合の良い時間に勉強でき・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 現在の社会的位置づけ
★ ヘルパーの活躍する舞台
★ 今後の社会的位置づけ
★ 勤務形態について
★ 雇用形態について
★ 給与の現状は?

■介護関連最新ニュース